破産手続き 費用

破産手続きの費用は、いったいどの位かかるのか

破産を検討する場合、いったいどの位の費用が必要になるのか、お調べになられてると思いますので、具体的にズバリ大体どの位かかるのかお答えして行こうと思います。

 

 

予納金

まず、破産の手続きをする際、裁判所に予納金というものを支払う必要があります。

 

これは、今から破産の手続きをしますという時から、免責が下りる迄にかかる諸費用を前もって破産の裁判を行う裁判所に前もって払っておくお金です。

 

この予納金ですが、同時廃止ができる場合、大体1万290円〜1万5千円の間です。何故少し差があるのかというと、申請をしに行ってくれた弁護士さんが裁判官と申請をしたその日に、今回の破産の手続きを今日で終わらせてしまうのか、それとも少額管財と言って、財産を調べて債権者に振り分けて行くのかが決まります。その期間が約1ヶ月位かかるのですが、即日面接の場合(1~3日間)の間に、すぐに破産が決まってしまう為、必要が安くなっています。

 

ただこの破産申請の時に弁護士さんを通してなかったり、司法書士さんだったりすると、即日面接が出来無くなります。

 

 

また管財人は、隠してる財産がほかに無いのかとか、申告をごまかしてないかとかを調べ、また破産申請をしてる人の財産を競売して現金化したりして、財産を現金化した分を平等に債権者に分けて行きます。この仕事をする人が破産管財人で、予納金はこの為に支払わないといけない費用になります。

 

この管財人が選出され、少額管財事件となる場合、20万円位必要です。

 

そして、少額ではなく通常の管財事件の場合は50万円程が必要になって来ます。

 

 

収入印紙

破産申し立てをする時の収入印紙、そして、免責を申し立てる時に使う印紙代合わせて1500円が必要になって来ます。

 

切手代

破産手続きをする際に借入れ先に通達しなければいけません。その切手の代金が借入先の件数×82円が必要になります。